お知らせ

子宮がん検診(細胞診)で要精密検査となった方が対象です。
精密検査対象となるがん検診の結果は、ASC-US,LSIL,HSIL,ASC-H,AGCです。
ASC-USの場合は、精密検査を行う前に他検査が必要になる場合があります。
*ASC-USは炎症などで正確な診断がつきにくい状態です.当院では子宮頸癌の原因であるHPVの有無とクラミジアの有無を調べます。HPVが陽性であれば精密検査となります。
SCC, AIS, Adenocarcinomaの場合は経過観察をする段階でなく、可及的速やかな治療を要すため当院での検査は行わず、がんセンターetcのがん治療の専門施設への紹介をなります。
他院で行われた検査の結果を基にした信頼のおけるガン専門施設への紹介も行っております。
cytology02